業務内容

工場塗装

工場塗装部門は、昭和54年に札幌市西区発寒鉄工団地内にて株式会社宇佐美商会発寒工場として操業を開始し、 その後事業拡張のため平成3年石狩市石狩新港機械金属工業団地内に工場を移転し、石狩工場として現在に至っています。 防錆・防食の専業工場として各種最新鋭設備と技術を駆使し、鉄鋼加工業界、機械製作業界ならびに建設業界から幅広く ご支持をいただいております。

石狩工場について
工場

当社の工場棟は2,576㎡(約790坪)あり、製品搬入、下地処理、塗装や金属溶射、 検査点検、製品搬出まで一連の作業をすべて工場棟で行うことができます。 これにより天候や気象等に影響されず常に同じ品質の施工を行うことができます。

工場での作業の流れ
製品入荷
工場等でされた製作された部材や完成品が当社工場に搬入されます。
素地調整工程
大型の部材は自動ブラスト装置に通され、指定の清浄度で素地調整を行います。縦×横は2.5mまで対応できます。
自動ブラスト装置では素地調整できない部材は手動のブラスト装置にて素地調整を行います。
塗装工程
指定の材料及び塗布量で熟練の職人が塗装を行います。
検査工程
塗膜乾燥後に塗装検査を行います。仕上がり精度や膜厚等入念にチェックされます。
製品出荷
検査完了後お客様の元へ出荷されます。